リンク集

リンク集情報

当サイトでは相互リンクを募集しています。

YAHOO!ビューティー:美容情報はYAHOO!でチェックしている!と言う人も多いんですよ♪

コラーゲンドリンク 価格:価格別に人気のコラーゲンドリンクをランキング形式で紹介。

置き換えダイエット失敗:置換えダイエットで失敗する人の共通点を紹介しています。

スチームクリーナーランキング:簡単に台所・お風呂場の掃除ができるスチームクリーナーの人気ランキングです。

婚活体験談:婚活中男女の涙と笑いの婚活体験談が満載のブログです。涙なしでは読めません。

映画見放題プラン比較:映画見放題サービスを徹底比較!hulu・U-NEXT・Gyaoの料金・サービス内容を比較。

すらっと宣言お試し:7種類の自然由来の素材を配合したサプリメント「すらっと宣言」のお試しサンプルはコチラから

白髪染めコラム

一般的に「白髪染め」として販売されているもののほとんどは、ヘアカラーです。 ヘアマニキュアのタイプであれば、髪の毛の表側をコーティングすることにより染めますので、髪の受けるダメージはあまりありません。 その一方、ヘアカラーに関しては、髪の内面から色づける仕組みですから、ヘアマニキュアよりもダメージを受けやすくなります。 しかし、少し前よりはヘアカラーであっても相当髪の毛への傷みが少なくなってきました。 ヘアマニキュアを使っても、短期間で色が落ちるので、頻繁に染めるのが面倒だと思っている人もいるでしょう。

それなら、ヘアカラーを使うようにするのがおすすめです。 ヘアカラーには、色が落ちにくくなる成分も含まれているため、一度染めると、長期間色が抜けることはありません。 さらに、若者なら、白髪に悩んでいても、「白髪染め」の購入に逃げ腰になる人もいるかもしれません。

そもそも、白髪染め用と書かれている商品は通常のヘアカラーとどこに差異があるのか把握していない人もいるでしょう。 一番はっきりした違いは、主としてどの色を染めるために製造されているかということです。 白髪染めとして販売されていない商品の大半は、ダークな色の髪の毛を染め付けるように狙って作られています。

一方、白髪染めという記載がある商品は、白髪をメインに色づけすることが可能です。 ヘアカラーの色をうまく引き出すためには、まず脱色する方が良いと言われますが、白髪ならきれいに染まるかと言えば、そうとも限りません。 希望の髪色に染め上げるためには、やはり白髪専用のヘアカラーを使ったほうが間違いないでしょう。

【レフィーネ】

レフィーネ

白髪染め用

爽快ヘッドスパトリートメントカラー♪

レフィーネ公式サイト

安心・安全の返金保証

白髪染めトリートメント特集メニュー